効果的なリンパマッサージのやり方とコツ

>

マッサージをやってみよう!

ふくらはぎのリンパマッサージ

脚に走るリンパ管を皮膚の上から撫でて、溜まった老廃物を流していくのですが、流す場所と方向がポイントです。

まず、リンパ管の中間地点であり、流れをせき止めてしまっている原因部分であるリンパ節を開く必要があります。
ふくらはぎの上、膝の裏に大きなリンパ節があるので、まず最初にそこを優しくくるくると撫でます。

それから、足の指を一本ずつ、十回くらいずつこすります。爪先を持って上方向に引っ張りながら、かかとを持ってアキレス腱を伸ばします。
親指で足の裏全体をもみほぐした後、足の甲を骨に沿って、親指で足首の方向へ軽くこすります。
足首をぐるぐると回したら、足首からふくらはぎを膝に向かって優しく絞り上げるようにこすります。
これを両足とも同じ用に繰り返すだけです。

顔のリンパマッサージ

顔のリンパマッサージと言えば「リフトアップ」という言葉が有名です。むくんだ顔を小顔美人にする為の方法ですね。
ただ、リフト”アップ”という言葉とは裏腹に、実際には顔から首元へかけて流し下げていきます。

まず、鎖骨のくぼみに指を2,3本あてて、軽く押さえつつ指を揺らしたり離したりを数回繰り返します。
同様に、首筋にもリンパ節があるので、首の横に指をあてて軽く揺らして離しながら、上に上がっていきます。耳の裏にも耳下腺という重要なリンパ節があるので、耳の下を持ってくるくると回しましょう。

後は顔を鼻筋や輪郭に沿って、上から鎖骨へ向けて撫で下ろしていくだけです。

顔にしろ脚にしろ、まずは関所であるリンパ節を開いて、そこへ向けてむくみを押し流していく、というのがリンパマッサージのコツとなります。
そして再三になりますが、あくまでも優しく。強くこすらなくても、十分効果はあります。


この記事をシェアする